和隆日記

本紹介「星の王子さま」

今回は私が一番好きな本「星の王子さま」を紹介します。

星の王子さまはフランス人の飛行士・小説家であるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの小説です。

あらすじ

操縦士の「ぼく」がサハラ砂漠に不時着する。そこで一人の少年と出会う。その少年は小惑星の王子であることを「ぼく」は知る。王子さまは色んな小惑星を訪れ、そこで色んな大人たちと出会いそして王子は何を思うのか。

感想・評価

難しい言葉や漢字が使われていないので小説をあまり読まない人でも読みやすい小説と思いました。

王子さまが訪れた小惑星の住民たちはまるで現代社会の人々に重ねて見えるのでそこで読者は何を感じるのか。この本を読んで何か考えや価値感が変わるのではないかと私は思います。


profile

Ryuki

専門学校

2002年7月15日

特技はボクシングとバレー

コメントを残す

コメント記入欄の上に表示するメッセージ

コメント記入欄の下に表示するメッセージ

 
pagetop