和隆日記

最近過ぎたハロウィンにちなんでオススメホラー映画

こんにちは、今回は過ぎてしまったハロウィンにちなんでオススメのホラー映画を3選紹介します。

死霊館

あらすじ

1971年、男性につき添われて黒髪の女性デビーと同居する金髪の女性が「アナベル事件」についての恐怖の体験をウォーレン夫妻に訴えるところから始まる。

看護師である2人は異変を霊媒師に相談したところ、人形に「アナベル・ヒギンズ」という7歳の少女が憑依していると言われ、同情した彼女たちは「人形に取り憑いて自分たちと同居する許可」を与えたが、その途端、事態は悪化してウォーレン夫妻に相談したのだった。人形には霊は憑依しておらず、少女の霊のふりをして女性たちを騙した悪魔は「自分たちを支配する許可」を与えさせたのだ。講演会において2人とアパートは神父に浄められ、平穏な生活を送っていることが語られる。

その年、若い夫婦と5人の娘のペロン一家は、ロードアイランド州ハリスヴィルの田舎にある、いささか古いが屋敷のように広い部屋を持つ一軒家を購入した。念願のマイホーム購入を喜ぶペロン一家であったが、入居した翌日から奇怪な現象が次々と発生するようになる。妻キャロリンの身体の謎の痣が生じ、嫌がって家に入ろうとしなかった愛犬セイディーが翌朝には死んでしまい、家中の時計がすべて「午前3時7分」で止まり、四女シンディが夢遊状態で長女アンドレアの部屋に入り込みクローゼットの扉に頭をぶつけるという謎の行動を取り、池のそばの巨木の根元でオルゴールを拾った末っ子のエイプリルは「見えない友だち」ローリーと仲良くなる。また、無数の鳥が家に激突して絶命するようになる。ついに娘たちにもその危害が及ぶに至って、ペロン夫妻は超常現象研究家として名高いウォーレン夫妻に助けを求める。夫のエドはカトリック教会が唯一公認した非聖職者の悪魔研究家であり、妻のロレインは透視能力を持っている。

ウォーレン夫妻はペロン一家を救うべく尽力するが、霊力の強さと邪悪さはウォーレン夫妻の想像をはるかに超えるものであった。テープレコーダーに録音されたエドの声はあるが、質問に答えるキャロリンの声は消えていた。ロレインの調査の結果、ペロン一家が競売で入手した家は元は農家で、1863年に「ジェドソン・シャーマン (Jedson Sherman)」という人物が建てたものだったが、彼の妻「バスシーバ (Bathsheba)」は生後7日目の我が子を悪魔の生け贄にしようとしたのを夫に見つかり、巨木に登り「この土地を奪う者は呪ってやる!」と叫んで首つり自殺を遂げ、悪霊と化したという、血塗られた過去が明らかになった。バスシーバは母親の心を持っておらず、神からの授かりものである子供を捧げることは究極の冒瀆で魔女としての格が上がる貢ぎ物という認識しかなかった。彼女の死亡時刻は「午前3時7分」だった。実は、バスシーバは魔女であり、その上悪名高い「セイラムの魔女裁判」で公判中に死亡した「メアリー・タウン・イースティ (Mary Towne Estey)」の親戚であった。1930年代の住人であるウォーカー夫人の森で謎の失踪を遂げた息子ローリーこそエイプリルの「見えない友だち」であり、ローリーの失踪後、ウォーカー夫人は地下室で自殺し、200エーカーの土地は分割されて売却、敷地内に家があった少年が池で溺死、近隣の家のメイドも自殺と不審な事件が続いていた。敵の正体が判明した直後、テープレコーダーのスイッチが勝手に入り、消えていたキャロリンの声の代わりに獣のような唸り声と女性のうめき声が流れるのだった。時計は「午前3時7分」を指していた。ウォーレン夫妻に対する魔女の宣戦布告だった。

感想

死霊館シリーズは全部見てるぐらい好きなんですが、この映画は僕が初めてみた死霊館で、とても怖かったイメージがあります。特に巨木のシーンはかなり印象に残っています。

この映画、本当に実在する話で、この死霊館の主役ウォーレン夫妻も実在します。実在した話だからこそ怖いですよね。

死霊館と言ったら「アナベル人形」ですが、アナベル人形も勿論あります。アナベル人形は今も週に1?ぐらいの頻度で神父夫妻がいまだにお祓いをしているそうです。

死霊館は本当にオススメの映画です。

チャイルド・プレイ

あらすじ

逃亡中にマイク刑事に撃たれ、致命傷を負った殺人鬼チャールズ・リー・レイ(チャッキー)は、死の直前に逃げ込んだオモチャ屋で会得していたブードゥー教の秘術によって売り物の親友(グッドガイ)人形に自分の魂を移す。しかし、このままだと自分が永遠に人形のままであることを知ったチャッキーは、生身の体を奪うべくチャッキーとは知らずにこの人形を買った主人公の少年アンディの体を乗っ取ろうとする。アンディはチャッキー人形が生きていることを知り、周囲の人間に危険を知らせるものの幼いアンディに誰も耳を貸そうとせず、被害が拡大していくばかりかアンディが犯人だとされ、最後には精神病院の独房へ閉じ込められてしまう。一方、チャッキー人形の正体を知った母親カレンとマイク刑事はアンディを救うべくチャッキーに最後の戦いに挑む。

ちなみにチャッキーが真犯人があることは物語の途中でカレンに詰問されたことで明るみになるまでは隠すようにしており、断片的にチャッキーが犯人であるかのような描写はありながらも、あくまでも犯人は明らかにしない演出をしていた(それまでの犯行シーンなどはチャッキーがアングルに現れないカットで演出されていた)。

感想

私はチャッキーをホラー映画だけだとはあまり思わなくてなぜかというと、ただ面白いからです。チャッキーは中身は人ですが人形なので人間味があって痛い瞬間はものすごい痛がるし失敗もするので、まーそれがチャッキーが人気の理由なんだと思います。けど、本当に人形が襲いかかってきたら怖いですよね。

熱狂のファンの方は何回も何回もみるぐらい面白い!

最新のチャイルド・プレイ

僕は最新のチャッキーの映画「チャイルド・プレイ」があるんですけど、それが今までのチャイルド・プレイのチャッキーとは違い、人工知能のチャッキーなんですけど、(恐らく現代に合わせてそのような設定にしたのかと)その話が何ていうか悲しいんですよね僕は映画館で見たんですけど、怖さより人工知能という物が少し悲しい感じに思えて、エンドロール中に色々考えてましたね笑

あ、でもしっかり怖かったですよ。

ぜひ見てほしい作品です。

エルム街の悪夢(2010年)

あらすじ

エルム街に住むディーン(ケラン・ラッツ)は、夢の中で不気味な男に襲われるという悪夢に悩まされていました。眠りたくないとダイナーに向かい、コーヒーを飲みます。

しかし、ついうたた寝をしてしまったディーンは、友人であるナンシー(ルーニー・マーラ)、クリス(ケイティ・キャシディ)の目の前で不可解な自殺を図ります。

ディーンの葬儀の日、クリスとディーンの2人は高校時代からの友人ではなく、もっと幼い頃からの知り合いだったことを、見つけた写真からクリスは思い出します。

その日からクリスの夢の中に赤と黒の縞模様のセーターを着て、顔が火傷でただれたカギ爪の男が現れるようになりました。男が夢の中で付けた傷は現実にも現れます。そしてクリスは悪夢に怯え、眠れなくなってしまうのです。

悪夢に怯え疲弊してしまっているクリスに、ジェシー(トーマス・デッカー)が心配して声をかけます。ジェシーも同じ夢を見る事を知ったクリスは、一緒に眠って欲しいと懇願しました。

感想

寝ることが怖くなるそんな話だと思います。大人になった僕はそんなのないですが、ホラー嫌いの方や年齢層の低い方は怖くなるのでは無いでしょうか。「眠ったらおしまい」のフレームが有名なのではないでしょうか。フレディは復讐として夢の中だけで蘇る元々人間だった人物なのですが、最初僕もフレディが街のみんなにリンチされて亡くなったと聞いた時、フレディ頑張れ!と思ってみていました。しかし後半につれて「・・・なるほどね」ってなる展開になって僕はなんとも言えなかったです。

エルム街の悪夢で流れる少女?が歌っている曲があるんですけど結構有名なんですけど、それが頭の中でずっと流れるんですよね笑くせになるしエルム街の悪夢という映画をしっかり表せているので僕はこの曲好きです。

エルム街の悪夢は他にも結構シリーズありますし、13日の金曜日のジェイソンと対決する映画もあるので面白いのでぜひ見てください!

まとめ

今回はホラー映画のおすすめ3選を紹介しました。本当にまだまだ沢山オススメしたいホラー映画があるんですけど、3選縛りぽいので3選だけにさせていただきました。韓国のホラー映画もかなり怖くていいですよ!


profile

Ryuki

専門学校

2002年7月15日

特技はボクシングとバレー

コメントを残す

コメント記入欄の上に表示するメッセージ

コメント記入欄の下に表示するメッセージ

 
pagetop