和隆日記

入社1年目の心がけ

こんにちは、今回は入社1年目の心がけについて紹介して行きたいと思います。

①社会人としての自覚を持つ

学生時代のアルバイトでも責任は発生しますが、社会人の責任はその比ではありません。アルバイトがミスをした際は、管理者である社員が責任を取りますが、社会人がミスをした場合は自分1人の責任だけで終わらず、会社全体の責任としてお客さまからの信頼を失ってしまう可能性もあるのです。

必ず利益を出さなければなりません。社会人としての自覚を持つことが一番大切です。

②失敗を恐れずチャレンジする

社会人には責任が伴うとはいえ、社会人1年目はまだ育成期間です。上司も新入社員のミスは責任を取ってくれると思います。自分自身が上司の立場になれば自分で責任を取らなければなりませんが、社会人1年目のあいだは周囲が支えてくれる環境なのです。
そのため、失敗を恐れず何でもチャレンジして、失敗してもそこから多くを学ぶく姿勢が大切です。失敗すると落ち込んでしまいそうですが、「新入社員なのだからしかたがない、この学びを次につなげよう」という強い心で乗り越えましょう!この勢いが大切です!

③基本的なマナーを身に付ける

学生時代はそれほど問われなかった基本的な礼儀やマナーが、社会人になると非常に大切になります。しっかりと挨拶をする、相手を不快にさせない言葉遣いを選ぶ、清潔感のある身だしなみを心掛けることは、ビジネスマナーである以前に、大人としてのマナーともいえます。しっかり身につけましょう。私生活にも基本的なマナーをしっかり取り入れると良いと思います!

④仕事を早く覚えるために努力する

そりゃミスしたり仕事が遅かったりするとキツイ言い方で上司に言われることもあります。しかし、落ち込まずに乗り越えてしっかりその仕事を早く覚えるために集中して努力しましょう!新入社員の一年目はとにかく仕事を早く覚えることが大切です!

⑤趣味を持ちプライベートを充実させる

仕事で嫌なことがあったりストレスが溜まることが多くなると、仕事に集中できなくなったり、体調を崩したりする可能性があるのでしっかり自分の楽しいこと、趣味をしっかり持って休日はそれを楽しむようにしましょう!

⑥ホウレンソウ(報告・連絡・相談)を身に付ける

私もよく「ホウレンソウ」大切だと教えてもらっていました。それぐらい大切だと言うことです!

社会人になると耳にする「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」という言葉。これは、新社会人にとっては特に重要で、仕事をスムーズに進めるためには欠かせないものです。
「報告」とは仕事の途中経過を上司に伝えること、「連絡」とは必要な事実を関係者に伝えること、「相談」は判断に迷ったら意見を仰ぐことを意味します。職種によって多少の差はありますが、基本的に仕事はチームプレイです。情報の共有をベースに社員が連携してこそ、いい商品やサービスを提供できるようになります。「報・連・相」が不十分であれば連携がうまくいかず、気付かないうちに大きな問題に発展してしまいかねません。社会人1年目は、特に「報・連・相」を徹底して身に付けるようにしましょう。
仕事中の上司に話しかけては申し訳ないと思うかもしれませんが、新人らしくコミュニケーションをとれば快く受け入れてくれるはずです。

中々、自分から積極的に行動することができない人は大変だと思いますが、身につけて行きましょう!

⑦早め早めに行動する

小学生の時から「授業の始まる5分前には着席をしましょう!」と言われてきたと思います!その通りで小学生から習っていたこの早めの行動というのは社会人になってからもとても大切です!

会議や外出も10分前行動を意識することで気持ちに余裕が出ますし、積極的に取り組む姿勢を見せることができます。なので早めの行動を心がけましょう!学生時代から当たり前のように早めの行動をしている人はそのままで良いでしょう!

⑧仕事の優先順位を考える

毎日、さまざまな仕事をこなすことになる社会人ですが、そこには優先順位というものがあります。例えば、いずれ実現したいと考えている企画書を作成することと、明日締め切りの書類を書き終えることであれば、どちらの優先順位が高いかは一目瞭然です。沢山の仕事を任された時は一旦深呼吸し落ち着いて取り組みましょう!急いでしまうと返ってミスをしていますので冷静に行って行きましょう!

⑨賢いお金の使い方を身に付ける

社会人になると、お金を稼ぐことの大変さとお金のありがたみを実感するのではないでしょうか。学生時代とはお金の価値観が変わったという人もいるかもしれません。
自立して生活していくことは大変なことです。自分のお金だからと欲しいものを次から次へと購入していては、給料日前に生活費がなくなってしまうこともあります。社会人としてお金の収支管理はしっかりと行い、賢いお金の使い方を身に付けるようにしましょう。

学生のうちから貯金をして計画的にお金を使っている方は社会人になっても困らないと思います!

まとめ

今回は「入社1年目の心がけ」を紹介しました!いかがだったでしょうか。入社して一年目は色々焦りが出たりしますが落ち着いて仕事を行って行きましょう!


profile

Ryuki

専門学校

2002年7月15日

特技はボクシングとバレー

コメントを残す

コメント記入欄の上に表示するメッセージ

コメント記入欄の下に表示するメッセージ

 
pagetop