和隆日記

オススメマーベルシリーズ(オススメ編)

ブラックパンサー

あらすじ

遥か昔、地球にヴィブラニウムと呼ばれる鉱石で出来た隕石が落ちてきた。やがてその地アフリカで5つの部族が戦争を始める。一人の戦士がヴィブラニウムの影響を受けたハート型のハーブを摂取し、超人的な力を持つ「ブラックパンサー」となった。彼の下に4つの部族が集まり、ワカンダ国となった。だがジャバリ族だけは参加せず、姿を隠した。

何世紀もたち、ワカンダは世界から隔絶された、高度な科学技術を持つ超文明となった。1992年、当時のティ・チャカ国王は、カリフォルニア州オークランドに潜入していた弟のウンジョブを訪ねる。 ティ・チャカは、密偵ズリを通じ弟がワカンダから得た武器を武器商人ユリシーズ・クロウに渡していたことを知り、彼を問い詰め、そして亡き者にした。

それから26年後の2018年、ヘルムート・ジモが起こした爆破テロによるチャカの死とそれに伴うアベンジャーズの内乱の後、チャカの息子ティ・チャラが新国王に即位する運びとなる。戴冠の儀式で、彼はジャバリ族の挑戦者エムバクを打ち負かし、晴れてワカンダは新たな国王を迎えた。

それからしばらくして、エリック・スティーブンズという男がクロウと結託してロンドンの博物館を襲撃した。ティ・チャラは友人ウカビに彼と因縁のあるクロウの逮捕を約束し、親衛隊長オコエ、幼なじみの恋人ナキアを連れ、裏取引が行われている韓国釜山へと向かう。同じく潜入していたCIAのエヴェレット・ロス捜査官と手を組んでクロウを捕らえるが、取り調べ中にエリックの襲撃を受け奪還されてしまう。ナキアをかばい重傷を負ったロスを救うため、ティ・チャラはロスを連れてワカンダへの帰国を余儀なくされる。

シュリがロスの治療に当たっている間に、ウカビのもとにエリックが現れる。彼は手土産としてクロウの亡骸を引き渡し、国王との謁見を求める。エリックの本名はウンジャダカといい、亡きウンジョブの息子にして王位継承権を持っていた。ティ・チャラの問いにズリはかつて起きた事を話す。エリックは父を失った後、「死の商人キルモンガー」とあだ名される兵士に育ち、祖国ワカンダの技術と武器をもって世界中のアフリカ系民族を迫害から救うために帰還し、王位を求めて現れたのである。再び儀式が行われ、エリック・キルモンガーは仲裁に入ったズリを殺害すると、ティ・チャラを谷底に突き落とし、ついに王位を得る。そしてハート型のハーブを摂取してブラックパンサーの力とスーツを得ると、残るハーブを全て焼き払い、ワカンダの武器を全世界の同胞へ輸送するよう命じる。

ナキア、シュリ、ラモンダ、そして一命をとりとめたロスは密かに得ていたハーブを一つ持って脱出し、ジャバリ族に援助を求める。ティ・チャラはエムバクによって仮死状態で保護されており、最後のハーブによって息を吹き返す。そしてキルモンガーを倒すべく、再びスーツを着用する。

感想

僕が一番好きなマーベルヒーローの「ブラックパンサー」を紹介します。

ブラックパンサーはワカンダの国王がハーブを摂取した姿です。そこにワカンダのスーツを着用することであの黒いブラックパンサーが出来上がるのです。このブラックパンサーのコスチュームのスリムだけど圧倒的防御力、攻撃力を持っていて憧れるコスチュームです。

僕がオススメするブラックパンサーのシーンはカーチェイスしながら戦うシーンですかね。あそこがまぁカッコいい!他にも元国王のブラックパンサーの姿も一瞬しか写されていなのですが中々カッコいいですよ!技術的にはそんなですけど。

ブラックパンサー2

ブラックパンサーは11月11日にブラックパンサー2が公開しています。私は予告映像を見ただけで感動しましたね。その理由は

チャドウィック・ボーズマンが亡くなってしまい、もうブラックパンサーの続編はこないのではないかと思っていたからです。予告を見て今回の作品はブラックパンサーを違う役者に交代するとかではなく、チャドウィック・ボーズマンがブラックパンサーでも亡くなった設定になっているのでより一層悲しい気持ちが湧き上がりました。しかし亡くなった設定は正解だと思います。じゃないと恐らく逆に不評が多かったかもしれません。そして次のブラックパンサーを受け継ぐ人物は誰なのか…それも期待ですね!

なのでブラックパンサー2を見る前に前作のブラックパンサーを見るのをオススメします!!!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

あらすじ

1988年、母親を亡くしたばかりの幼いピーター・クイルヨンドゥ・ウドンタ英語版)率いる宇宙海賊ラヴェジャーズによって地球から拉致される。それから26年後の2014年、惑星モラグで成長したクイルがオーブを盗み出そうとしたところ、同じくそれを狙うクリー人英語版)のテロリストロナン英語版)の部下のハンターコラス英語版)と遭遇する。クイルはオーブを持って逃亡するが、横取りを知ったヨンドゥは彼を捕らえるために懸賞金を掛け、一方でロナンはオーブ強奪のために最強の暗殺者ガモーラを派遣した。

クイルがノバ帝国の首都惑星のザンダー英語版)でオーブを売り払おうとしたところ、ガモーラは彼に襲いかかる。揉み合いになる2人に遺伝子改造されたアライグマのロケットとその相棒の樹木型ヒューマノイドのグルートの賞金稼ぎペアが加わるが、4人はノバ軍警察英語版)によって逮捕され、キルン刑務所に投獄される。そこでロナンに家族を殺されたドラックスは彼と協力関係にあったガモーラを殺そうとする。クイルはガモーラを生かしておけばロナンがいずれやって来ると言って思いとどまらせ、そして彼女からロナンを裏切り、ザンダーのような惑星を破壊するオーブの力を使わせたくないという話を聞く。ガモーラにオーブの買い手が居ることを知ると、彼女とクイル、ロケット、グルート、ドラックスは協力してキルンから脱走する。

ロナンはタイタン人のサノスと会い、彼女の裏切りとオーブについて議論する。クイルたちは彼の宇宙船ミラノ号でキルンを脱出し、宇宙の果てのノーウェア英語版)へ到着する。そこで酔ったドラックスがロナンを呼び寄せてしまう間、他の4人はコレクターのタニリーア・ティヴァン英語版)と会う。ティヴァンはオーブを開け、それがそれを使う強者以外の全てを破壊するパワーを持つインフィニティ・ストーン英語版)であることを明かす。だがその直後、ティヴァンに苦しめられていた使用人カリーナがストーンに触れてしまい、ティヴァンのアーカイブを飲み込む大爆発を引き起こす。

ロナンはノーウェアに到着するとドラックスをすぐに倒し、船で逃げる者たちをロナンの部下とガモーラの妹ネビュラが追跡する。ネビュラがガモーラの船を破壊すると彼女は生身で宇宙空間に放り出され、ロナン軍はオーブを持ち去ってしまう。クイルは自分を追ってきたヨンドゥと通信した後に宇宙空間に出て自分のヘルメットを外してガモーラに装着して生き延びさせ、そして2人はヨンドゥの船に回収される。ロケット、ドラックス、グルートは2人を救出するために船を破壊すると脅迫するが、クイルがオーブを取り戻すと言ってヨンドゥを説得することで停戦に持ち込む。グループはロナンと戦えば確実に死ぬと考えるが、同時に彼らはインフィニティ・ストーンで銀河を破壊する彼を止める必要があると理解する。ロナンの旗艦ダーク・アスター号では、ロナンはストーンの力を自分で使うことに決め、自身のコズミックハンマーにそれを埋め込む。ロナンはサノスに連絡し、ザンダーを滅ぼした後は彼を殺すと宣告し、そして内心でサノスを恨んでいたというネビュラと手を組む。

ザンダー星上空、ダーク・アスター号はラヴェジャーズ、ノバ軍警察、クイルのグループと交戦となり、クイルたちは艦内へと侵入する。ロナンがパワーを含んだコズミックハンマーでノバ軍警察の戦闘機を破壊しようとする間、コラスはドラックスにより殺される。ネビュラはガモーラと対決するが敗れ、ラヴェジャーズの飛行機を奪って逃亡する。クイルたちはロナンの部屋に到着して戦うが圧倒的なパワーには敵わず、危機に陥っていたところ、ロケットが操縦するウォーバード号がロナンに特攻したことによって事なきを得る。大損壊を受けたダーク・アスター号はザンダーに墜落するが、クイルたちはグルートが命懸けで保護壁となったことにより生存する。壊れたダーク・アスター号から生きていたロナンが現れてザンダー星を破壊しようとするが、クイルはダンスで彼の気を逸らし、その隙を突いたドラックスとロケットによりコズミックハンマーは破壊される。クイルはハンマーから出てきたストーンを掴み、そしてその重負荷をガモーラ、ドラックス、ロケットと共有し、エネルギーをロナンに向けて倒し、ロナンはストーンの力によって消滅し、死亡する。

その後、クイルは約束に従ってヨンドゥにストーンを渡すことになったが、トロールとすり替えることで彼を騙し、本物はノバ軍警察に預ける。ラヴェジャーズがザンダー星を去る祭、ヨンドゥは契約を無視してクイルを父親に渡さなかったのは正解だったとつぶやく。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと呼ばれるようになったクイルのグループは前科歴を消去され、そしてクイルは自分が半分人間で、父親が古代の未知の種族であること知る。クイルは最後に死ぬ前に母からプレゼントされた箱を開け、その中身の彼女のお気に入りの曲が入ったカセットテープを再生する。ガーディアンズは再建されたミラノ号に乗り、挿し木になって復活したグルートと共にザンダー星を出発する。

エンドクレジット後の場面では破壊されたアーカイブ内でコレクションである犬の宇宙飛行士と喋るアヒルと共に座り込むティヴァンが描かれる。

感想

ピーター・クイル役のクリス・プラットが面白い!

恐らくマーベル作品の中で笑いが一番多かったのはこの作品だと思います。登場する人物全員面白い!その中でもピーターは頭のネジが外れるところと真面目になる所のギャップが良すぎて面白い!

ピーターの名シーンといったら捕まった時の中指を立てるシーンですね!あれは誰もが真似したくなるポーズです!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは2作品あります。僕がオススメするのはやはり2!なぜかというと親父のヨンドゥが最高にカッコいい!口笛を吹いてペンを操り敵を倒すシーンが抜群にカッコいい!けど何より親父としてカッコいい!ネタバレは含みませんがラストシーンは本当に感動します!

それとベビーグルートが可愛いすぎる!1では少し大きな声が太いグルートが出てきますが、2では小さいグルートが出てきます!そのグルートが可愛らしくてグルートの単体シーンは何度でも見れますね笑!

ヴェノム

あらすじ

カリフォルニア州サンフランシスコで記者として働いていたエディ・ブロックは、ライフ財団が死者を出すほど危険な人体実験ホームレスを利用して行っていることを知り、恋人であるアン・ウェイングのパソコンから得た情報を基に、ライフ財団のリーダーであるカールトン・ドレイクに実験のことを問い詰める。だが、ライフ財団の根回しにより会社をクビになり、それに巻き込まれる形でアンも職を追われたため、仕事と恋人の両方を失う。

それから半年。就職先を探していたエディは、ライフ財団の研究者ドーラ・スカース博士の力を借りてその実験施設に侵入。そこで知人のマリアが被験者として捕まっていることを知り、彼女を助けようとしたものの、その身体に巣食っていたタール状の地球外生命体・シンビオートに寄生されてしまう。

それ以来、エディにはシンビオートの声が頭の中で聞こえるようになり、凶暴性や空腹感が日に日に強くなっていく。「”俺たち”が一つになれば、何だってできる」と嘯いたシンビオートはエディの体を蝕み、一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げる。ヴェノムはそのグロテスクな姿で容赦なく人を襲い、そして喰らう。相手を恐怖に陥れ、目玉、肺、そして膵臓…体のどの部位も喰い尽くす。エディは自分自身をコントロールできなくなる危機感や恐怖心を覚える一方、少しずつその力に魅了されていく…。

その頃、エディがライフ財団に侵入してマリアと接触したことを知ったドレイクは、マリアに寄生していたシンビオートがエディの身体に「移動」したのではないかと考え、彼もろともシンビオートを捕らえようと暗躍し始める。

一方、本編冒頭からマレーシアに墜落して乗組員をのせたライフ財団所有の宇宙探査ロケットから、別のシンビオートも単独でライフ財団へ向かい、次々と宿主を移り変えながら動き出す。

感想

このヴェノム は初代のトビーのスパイダーマン3に登場したシンビオートとは別物です。

今回のシンビオートは暴れます。喋ります。面白いです。

主人公のエディは最初シンビオートを怖がり嫌になります。それはそうですよね人を食うんですもん。それに暴れるし。しかし徐々にシンビオート(ヴェノム )の扱いや信頼性が深まり二人は仲良く?なります。その姿が本当に兄弟って感じで面白いんですよね。

しかもこの映画の凄い所はシンビオートの完成度ですかね。シンビオートのヌメっとした表現や、動くが物凄いこれだ!って感じの姿でとてもよくできた映画だなと思いました。これまでヒーローにスポットを当てた映画は沢山ありましたが、ダークヒーロー系はなかったので新鮮ですね。ここから勢いに乗って「モービウス」というヴィランの映画も作って高評価を取っているのでダークヒーロー系は中々人気が出ていてとても良いと思いました。このまま沢山のダークヒーロー・ヴィラン系の作品を作って欲しい!

ヴェノム ですが2作品あって僕がオススメするのは1ですね。2はカーネイジ というエグいほど強い敵が現れるのですが、思っていたラストの展開にならなくてイマイチでした。これはいろんな方々が発言していますね笑

純粋に楽しむなら1でしょう。2は原作を読んでから出ないとイマイチわからないと思います。

まとめ

今回はマーベルシリーズオススメ編を紹介しました。

これはあくまで僕の好きな作品集なので他にカッコいいヒーローは山ほどいますのでぜひ見てみてください!後、2作品以上ある映画では、1までは映画をみて楽しめますが2では原作を見てないとわからない敵や展開があるので2からみたい人は調べてから見るのをオススメします!


profile

Ryuki

専門学校

2002年7月15日

特技はボクシングとバレー

コメントを残す

コメント記入欄の上に表示するメッセージ

コメント記入欄の下に表示するメッセージ

 
pagetop